スポンサードリンク

2018年05月16日

Excelのハイパーリンクを一気に書き換える方法

Excelシートに沢山のハイパーリンクを張って、資料管理等をしている場合、
文書を格納しているフォルダを移動したりすると、リンクの書き換えが大変です。
そんな時に使えそうな、大量のリンクを一気に書き換える方法です。

ちなみに、CTRL+F で置換等も試してみましたが、ハイパーリンクは置換できませんでした。
「出来た」と書かれているページもありましたが、どうやると出来るのやら?
私は、マクロでやりました。

例)
ハイパーリンクの設定されたセル範囲 B2:B101
\\server1\data へのリンクを
\\server1\data\file1 に変更する。

マクロを使用します。

Alt+F11でVBAの画面を起動、
「挿入」⇒「標準モジュール」を選択、
以下のマクロをコピーして貼り付けます。

Sub ハイパーリンクの書き換え()
 Dim H As Hyperlink
 For Each H In Range("B2:B101").Hyperlinks
  H.Address = Replace(H.Address, "\data", "\data\file1")
 Next
End Sub

Alt+F11でExcelの画面に戻り、Alt+F8で、上のマクロを実行すると、ハイパーリンクが置き換わります。

posted by まさ at 13:11| Comment(0) | Excel

2013年06月21日

特定のExcelファイルだけマクロを有効にしたい

マクロは便利ですが、色々な事が出来てしまうので、安易に使用可能にすると危険です。
では、特定のファイルだけ、マクロを有効にしたい場合は、どうしたら良いのでしょう?

実は、特定のファイルだけ・・・という設定は無いようです。

でも、こんな機能があります。

特定のフォルダに存在するファイルだけは、マクロを許可する。

設定の仕方は、Excel2007の場合は、

Officeボタン→Excelのオプション→「セキュリティセンターの設定」ボタン
メニュー左の信頼できる場所に特定のフォルダを追加して下さい。

こうれすば、このフォルダに保存されたファイルだけは、マクロが実行出来ます。

マクロの設定の方は、
「警告を表示せずに全てのマクロを無効にする」になっていてもOKです。

タグ:Excel マクロ
posted by まさ at 13:53| Comment(0) | Excel

2013年02月06日

ファイルの保存形式を変更する

Officeのバージョンが混在すると、新しいファイル形式と従来の形式が混在してしまいます。

0ffice自体は、バージョンアップするが、ファイル形式は97-2003形式を使用する場合は、Office側でデフォルトの形式を変更しておくと便利です。

Excel2007の場合は、下のオペレーションで変更できます。

「Officeボタン」→「エクセルのオプション」→
「保存」→「ファイルの保存形式」→[EXCEL97-2003形式]を選択

ex1.jpg

EX2.jpg


Word等も、ほぼ同じです。
posted by まさ at 10:47| Comment(0) | Excel
システム管理者日記」の先頭へ