スポンサードリンク

2019年01月16日

Exchange Server 2013 の送信コネクタについて

Exchange Server 2013 で、送信コネクタのポート番号を変えようとしたところ、「Exchange 管理センター」には、そんなメニューが見当たりません。
どうやら、Exchange 管理センター では設定出来ないようです。
調べてみたらコマンドしかないようです。

コネクタ名 testのポートを 999に変える例
Set-SendConnector -Identity "test" -port 999

こんに感じでした。
これ位、ツールからGUIで出来れば良いものを・・・
posted by まさ at 16:24| Comment(0) | ExchangeServer

2018年04月17日

Exchange Server 2013 トランスポートルール

私の会社では、昨年 Exchange Server 2007 を Excahgne Server 2013 にアップグレードした。
この際、それまで設定されていたトランスポートルールも自動で移行された。

ウチでは、トランスポートルールは、1つしか使用していない。

フリーメールアドレスからのメールには、件名の前に、「フリメールから受信」という文字を挿入する。それだけだ。

フリーメールかどうかの判断は、ルールを適用する条件として、

「送信者のアドレスに次の単語が含まれる」を指定。

主だったフリーメールアドレスを拾い出し、登録する。
というシンプルなもの。

2007では、動いていたし、そもそも、設定自体、間違いようがない。
しかし、2013になった途端、動かなくなっていた。

調べたみたが、さっぱり分からない。
Microsoft Parttner Network で質問しても、解決できない・・・

仕方なく、こんな事にインシデントを使用してしまった。
その結果・・・

条件設定の際、
「送信者のアドレスに次の単語が含まれる」ではなく、
「アドレスが次のいずれかのテキストパターンと一致する」
を選択すれば、動作するとの事。

確かに、これで動くようになった。

「送信者のアドレスに次の単語が含まれる」を指定した場合、途中にスペースを含むような単語の場合しか、動作しないという謎の解説を受けた。

こんなこと・・・ヘルプにでも書いておいてくれれば良いのに。

posted by まさ at 11:31| Comment(0) | ExchangeServer

2018年03月28日

Exchange Server 2013 DBサイズ

当社では、オンプレで、Exchange Server 2013 を使用している。
先日、突然、メールの送受信が出来なくなった。

メールボックスは複数のサーバーでホストしているので、取り敢えず、アクティプを切り替えようとしたが、これも出来ない。
よくよくExchange管理センターの画面を見ると、マウントが解除されている。

調べてみたところ、DBサイズが限界を超えた為、マウント解除されたらしい。
既定では、1024GBだそうだ。
実際、メールボックスDBのEDBファイルのサイズを見ると、ちょうど1024を少し超えたサイズだった。

よって、事故と言うよりは、Exchangeが制限に従って、正常に動作したという事になる。

最大サイズの変更は、レジストリで行う。

まずは、該当メールボックスのGUIDが必要なので、下のコマンドで調査。
(管理シェルにて実行)

Get-MailboxDatabase -Identity "" | Format-Table Name, GUID

次にレジストリエディタで、下キーを捜す。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
 CurrentControlSet
  Services\MSExchangeIS
    < サーバー名 >
     Private-< データベース GUID >
      Database Size Limit in Gb

「Database Size Limit in Gb」が無い場合は作る(DWORD)。

既定では10進数で1024なので、これを拡大する。
DAGを組んでいる場合は、2048程度までが良いらしい。

上の値をセットすれば、DBがマウント可能になる。

レプリカを持つサーバーも、同様に変更しておく必要がある。
これを忘れると、イザという時、DBが切り替わってくれない。

タグ:Exchange Server
posted by まさ at 15:24| Comment(0) | ExchangeServer
システム管理者日記」の先頭へ