スポンサードリンク

2012年10月03日

Outlook オートコンプリート

オートコンプリートとは

オートコンプリートとは、名前や電子メールアドレスの先頭の数文字を力すると、以前に入力した名前や電子メールアドレスの一覧から、入力文字に合致する名前や電子メールアドレスを自動表示してくれる機能です。
便利な機能ですが、リスト内に不要なアドレスが含まれることもあり、快適かつ、安全に使用する為には、適切なメンテナンスが必要です。


メンテナンス方法

オートコンプリートを使用しながら、余分なアドレスを削除できます。
Outlook使用時、不要なキュッシュがあれば、その都度、削除します。
-----------------------------
Outlook 2007、Outlook 2003の場合

1.新しい電子メール メッセージを開きます。

2.名前、メールアドレスの先頭数文字を入力すると、ニックネーム キャッシュ エントリの
  に保存された名前、メールアドレスが表示されます。

3.表示されるエントリ候補の一覧で、上下方向キーを使用してエントリを選択し、
  [Delete] キーを押します。

-----------------------------
Outlook 2010の場合

1.新しい電子メール メッセージを開きます。

2.名前、メールアドレスの先頭数文字を入力すると、ニックネーム キャッシュ エントリの
  に保存された名前、メールアドレスが表示されます。

3.表示されるエントリ候補の一覧で、目的のエントリの上にマウス ポインターを移動し、
  強調表示されるようにします (ただし、エントリをクリックしないでください)。

4.強調表示された名前の横に "X" アイコンが表示されたら、[X] をクリックしてそのエン   
  トリを一覧から削除します。


オーコンプリートを無効にする方法

オートコンプリートを使用しない場合は、無効にする事が出来ます。

1.Outlookの[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

2.[初期設定] タブの [メール オプション] をクリックし、[メールの詳細オプション] を
  クリックします。

3.[[宛先]、[CC]、[BCC] フィールドを入力する時に名前の候補を表示する] チェック
  ボックスをオンまたはオフにします。(下図)

autocomp03.jpg

GPOで無効にしたい場合

ドメイン環境で、GPOでオートコンプリートを禁止にしようとしたところ、テンプレートには、その項目がありませんでした。
調べてところ、レジストリの設定で可能になる事が分かりました。
手順は以下の通り。

1.グループ ポリシー管理エディターを起動。

2.[ユーザーの構成] – [基本設定] – [Windows の設定] – [レジストリ] を選択。

3.[レジストリ] を右クリックし、[新規作成(N)] – [レジストリ項目] の順にクリック。

4.[新しいレジストリのプロパティ] ダイアログ - [全般] タブで、下のように値を設定。
(キーのパスは、Outlook のバージョンによって異なります)

アクション: 更新
ハイブ: HKEY_CURRENT_USER (既定)

Outlook 2010の場合
 Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Preferences

Outlook 2013の場合
 Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Preferences

Outlook 2016の場合
 Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Preferences

値の名前 ShowAutoSug
値の種類 REG_DWORD
値: 0

5.入力完了したら [OK] で終了。



オートコンプリートのニックネーム キャッシュ全体をリセットする方法

オートコンプリートは、今後も使用するが、これまでのキャッシュデータを全てクリアしたい場合の操作方法です。

-----------------------------

Outlook 2010

Microsoft Outlook 2010 の Outlook ニックネーム キャッシュ全体をリセットするには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1
1.Outlook 2010 が起動した状態で、[ファイル] (BackStage) をクリックし、[オプション] を
  クリックします。

2.[メール] タブをクリックします。

3.[メッセージの送信] で [オートコンプリートのリストを空にする] をクリックします。
  Outlook で新しいニックネーム キャッシュが生成されます。

方法 2
1.[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

2.次のように入力してOutlookを起動します。
    Outlook.exe /CleanAutoCompleteCache

Outlookを起動すると、また、新しいニックネーム キャッシュが生成されます。

-----------------------------

Outlook 2003 2007でWindows 7 または Windows Vistaの場合

Outlook のニックネーム キャッシュ全体をリセットするには、以下の手順を実行します。

1.Outlook を終了します。

2.[スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] をクリックします。

3.[整理] をクリックし、[フォルダーと検索のオプション] をクリックします。

4.[表示] タブの [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] をクリッ 
  クします。

5.[OK] をクリックします。

6.[スタート] メニューの [すべてのプログラム] をクリックし、[アクセサリ]、[ファイル名を
  指定して実行] の順にクリックします。

7.[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、引用符を含めて次のコマンドを入
  力し、[OK] をクリックします。

  "C:\ Users\UserName\AppData\Roaming\Microsoft\Outlook"

   注: このパスの Username には、現在ログオンしている Windows ユーザーの名前を指定
します。

8.リセットするプロファイルの名前が含まれている .NK2 ファイルを右クリックし、
  [名前の変更] をクリックします。

9.ファイル名を profilename.bak に変更し、Enter キーを押します。

10.Outlook を起動します。

-----------------------------

Outlook 2003 2007でWindows XPの場合

次の手順を実行して Outlook のニックネーム キャッシュ全体をリセットします。

1.Outlook を終了します。

2.[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。

3.左側の [検索コンパニオン] で、[ファイルとフォルダーすべて] をクリックします。

4.[ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、「*.NK2」と入力します。

5.[探す場所] ボックスの一覧で、検索するローカル ハード ディスクをクリックします。

6.[詳細設定オプション] をクリックし、[隠しファイルとフォルダーの検索] チェック
  ボックスをオンにします。

7.[検索] をクリックします。

8.リセットするプロファイルの名前が付いた .NK2 ファイルを右クリックし、[名前の変更]
  をクリックします。

9.ファイル名を profilename.bak に変更し、Enter キーを押します。

10.Windows エクスプローラーを終了します。

11.Outlook を再起動します。
posted by まさ at 16:09| Comment(0) | Outlook
システム管理者日記」の先頭へ